医師転職の極意まとめ

医師の転職成功率が高い 紹介会社の一覧を見る

医師必見!! 非公開求人・優良担当者なしでは転職は失敗します しかし 当サイトは転職成功の秘訣を徹底的にお見せします! 医師専用の転職支援会社は、こう使い倒せ!必見の極意 厳選したオススメ転職エージェントランキングも紹介!医師必見!! 非公開求人・優良担当者なしでは転職は失敗します しかし 当サイトは転職成功の秘訣を徹底的にお見せします! 医師専用の転職支援会社は、こう使い倒せ!必見の極意 厳選したオススメ転職エージェントランキングも紹介!

オススメ医師転職サイト厳選5社をPickUP!! 迷ったらまずはここから2~3社に登録してみましょう!!

転職を考える医師が、自分の市場価値・どれくらいのニーズがあるか・年収水準を調べる方法は?

把握するのが難しい医師の適正年収

医師は一般的に高給な職業と思われています。実際に平均給与は高く、医師よりも平均給与額が高い職業は航空機パイロットしかありません。しかし自分の労働条件と報酬が釣り合っていないと考え、転職を考えたことがある医師は思ったよりもたくさんいます。医師が自分の市場価値とニーズを調べるにはどのようにすればよいのでしょうか?一言で医師と言っても非常に様々な働き方があります。

まず診療科によっても給与はずいぶん異なります。内科や外科、産婦人科、小児科といったメジャーな診療科から病理科、放射線科、麻酔科などマイナーな診療科まで幅広くあります。また同じ診療科の中でもさらに専門は細分化されているため、どのようなスキルを持っているかを判断することは難しいです。

次に常勤医として働くか、非常勤医として働くかです。常勤医は雇用が安定しており、厚生年金や社会保険に加入できることが特徴です。一方で非常勤医は雇用が不安定で、社会保険に加入することができません。給与水準自体は高く、常勤医よりも高給になることがほとんどです。そのため一概に自分の給与が適正か、どのくらいの市場価値があるのかを把握することは困難でしょう。まずはそれぞれの年代層における収入の分布を見ていきましょう。

35歳を境目とする医師の年収分布

日経メディカルが2013年に行ったアンケートでは勤務医840人に対して現在の年収での満足度を尋ねました。その結果によると現状に満足している人は57.7%、もらいすぎと感じている人は1.4%という結果でした。実に60%近くの勤務医が現状の給与に満足しているという結果が出ています。

一方で給与に不満を感じている人も40%近くいることも確かです。今回調査した840人の医師の平均年齢は45.6歳であったため、厚生労働省などが発表している医師の平均年収よりも大きい数値が出ています。このうち36歳以上の勤務医659人の平均年収は1,625万円となっていますが35歳以下の勤務医181人の平均年収は940万円となっています。ただしこの結果は主たる勤務先からの給与だけではなく、非常勤医としてアルバイトをしている年収も含めています。

アルバイトの収入を減らすと36歳以上の勤務医で1,434万円、35歳以下の勤務医で779万円となっています。どちらの年代もともにアルバイトがないと150万円から200万円ほど年収が下がってしまうため、アルバイトへの依存度は比較的高いと言えるでしょう。

参考:http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/report/201306/530967.html

卒後〇〇年の医師の年収分布

2007年と少々古いデータですが、同じく日経メディカルが行ったアンケートで年代別の詳細な年収の分布も分かります。卒後1-2年目の医師の年収の最も多い分布は301万円から500万円、卒後3-5年目の最も多い分布は701万円から1,000万円、卒後6-9年目は40%近くが701万円から1,000万円の分布に該当しますが1,001万円から1,200万円にも20%強が該当します。

卒後10年目から19年目では1,201万円から1,500万円に最も多く分布し、卒後20年を超えると1,501万円から2,000万円の年収を貰う人が増え始めます。自分の年収を判断する際にまずはこれらの数値が一つの目安になるでしょう。

ただしこれらの数値はあくまでも目安です。自分の適正な年収がいくらか、市場においてどの程度のニーズがあるのか、というのは第三者の客観的な視点がないと判断することができません。

参考:http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/special/career/topics/200807/507165_3.html

自分の適正年収を知るために活用した転職エージェント

自分の適正年収を知るためにも活用したいのが転職エージェントです。転職エージェントは病院からの依頼を受け、求人を充足させることで報酬を受け取る仕事です。そのため必然的に「このくらいのスキルならばこの程度の市場価値がある」ということに詳しくなります。実際に現在の待遇が不遇であるかを客観的に判断してくれて、勤務条件に合致する求人を紹介してくれます。転職エージェントを利用する際のポイントは以下の通りです。

複数の転職エージェントに登録し、たくさんの求人や、多くの担当者に出会う

転職エージェントによって得意な診療科や持っている求人が異なります。そのため複数の転職エージェントに登録することによって自分の条件に合致する求人を見つけやすくなります。

また、3人以上の担当者に自分の経歴やスキルを正直に話してどの水準に位置しているかを客観的に考慮し話してもらうようお願いしてみましょう。

転職する理由や希望する条件ははっきりと伝える

転職エージェントに対しても遠慮がちに希望や転職理由を言ってしまうこともよくあることです。しかし転職エージェントはヒアリングした内容をもとに希望する求人を紹介してくれます。そのため、希望の条件を低く見積もってしまうと、いつまでたってもよい案件が見つからなくなってしまいます。今までどんな症例を経験した、このようなことができ、このくらいの年収や働き方を希望する、としっかり伝えるようにしましょう。

まとめ

自分の働き方に対して年収が適正か、その問題は労働者ならば誰でも突き当たる問題です。特に医師は激務でプライベートを犠牲にして働いてしまうことが多いためなおさらです。同じ診療科の友人や転職エージェントなどとの情報交換をこまめに行い、普段から自分の年収が適正であるか意識するようにしましょう。

もし年収に不満があるならば病院と賃上げ交渉をすることも可能ですし、転職エージェントを使ってより条件と待遇の良い勤務先を見つけることも可能です。

このページを閉じる前に 登録しないと絶対に損するエージェント 2社へ登録を!!

どんなに忙しい医師のアナタも、この2社は登録必須です。
この2社だけでもかなりの情報量があり、優秀な担当探しが楽になるはずです。

転職に成功している医師のほとんどが登録!

非公開求人・情報量で圧倒!!

メディウェル医師転職ドットコム
メディウェル医師転職ドットコム
  • list約4万件以上の求人案件数
  • list非公開プレミアム求人に注目
  • list上場企業のグループなので安心
  • list転職に成功した医師の口コミ◎
メディウェル医師転職ドットコム メディウェル医師転職ドットコム

転職希望医師の登録数No,1!!

エムスリーキャリア医師転職
エムスリーキャリア医師転職
  • list20万人以上が登録
  • list上場企業エムスリーが運営
  • list転職に成功した医師がよく使う
  • list首都圏に圧倒的な強さ
エムスリーキャリア医師転職 エムスリーキャリア医師転職

最後まで読んでいただいた皆様へ。
転職の成功を願っております。皆さまに幸運がありますように。

知らなきゃ損する医師転職の極意を紹介!
メディウェル医師転職ドットコム 迷ったらまずはここから2~3社に登録しましょう!!オススメ医師転職サイト厳選5社をPickUP!!
転職までの流れ転職までの流れ 転職支援サイトを選ぶ転職支援サイトを選ぶ

信頼できる大手・実力ある支援会社のみを厳選してご用意しております。自分に合った転職サイトを3社前後を目安に選びます。

利用するため、無料で会員登録利用するため、無料で会員登録

登録したい転職サイトが3社決まったら、登録項目は似てますので同じタイミングでまずは一気に登録を済ませてしまいましょう。

求人情報探しスタート求人情報探しスタート

登録後、本人確認の電話連絡があるはずです。希望の条件を伝え、「転職の意思がある」と必ず伝えます。良い担当者・優良な非公開求人情報を掴むための必須条件です。

いい担当者を探す いい担当者を探す

支援会社・エージェントを使う最大の醍醐味。複数社のいろんな担当者と話しましょう。Aランク、Sランクの求人は優良担当者経由でしか出てきません。

ベストな求人条件で雇用契約・転職成功へベストな求人条件で雇用契約・転職成功へ

法的には、転職する2週間前までに雇用主に通知すれば退職はできることになっています。それまでに転職先の面接を完了させ、内定獲得とスケジュール調整を行いましょう。

転職情報コラム 転職情報コラム 自分の市場価値・年収水準を知る自分の市場価値・年収水準を知る 医師の平均年収推移医師の平均年収推移 医師の月間平均残業時間の推移医師の月間平均残業時間の推移 医師は本当に売り手市場なのか?医師は本当に売り手市場なのか? エージェントを使い転職を成功にエージェントを使い転職を成功に 医師の転職理由TOP5は?医師の転職理由TOP5は? 医師転科のメリット・デメリット医師転科のメリット・デメリット 転科を考える医師はどれくらい?転科を考える医師はどれくらい? 開業医・雇われ医のメリット比較開業医・雇われ医のメリット比較 医師に必要なお金のマネジメント開業医・雇われ医のメリット比較

掲載協力会社掲載協力会社

  • 医師転職ドットコム
  • 40代50代60代医師転職ドットコム
  • 医師求人のJMC
  • エムスリー(m3)キャリア
  • リクルートドクターズキャリア
  • ドクターキャスト
  • Dr.転職なび
  • 医師求人ガイド
  • マイナビDOCTOR
  • CME@医師転職
  • MCドクターズネット
  • 医師バイトドットコム
  • 医師ジョブ.jp
  • 民間医局
  • CBネット
  • スマイルドクター
  • ドクターズWORKER
  • Dr.アルなび
  • アネナビ
  • 自由診療医師転職ドットコム