医師転職の極意まとめ

医師の転職成功率が高い 紹介会社の一覧を見る

医師必見!! 非公開求人・優良担当者なしでは転職は失敗します しかし 当サイトは転職成功の秘訣を徹底的にお見せします! 医師専用の転職支援会社は、こう使い倒せ!必見の極意 厳選したオススメ転職エージェントランキングも紹介!医師必見!! 非公開求人・優良担当者なしでは転職は失敗します しかし 当サイトは転職成功の秘訣を徹底的にお見せします! 医師専用の転職支援会社は、こう使い倒せ!必見の極意 厳選したオススメ転職エージェントランキングも紹介!

オススメ医師転職サイト厳選5社をPickUP!! 迷ったらまずはここから2~3社に登録してみましょう!!

医師の転職理由TOP5と、面接・書類選考で損をしない転職理由の上手い伝え方

医師の転職理由TOP5とは

厚生労働省が発表した「2015年賃金基本統計調査」では医師は平均年齢が40歳、平均勤続年数が5.1年という結果となっています。平均勤続年数の平均勤続年数から分かるように、医師は実は転職回数が多くなりやすい職業です。その理由にはどのようなものがあるのでしょうか?

1,激務であること、時間に余裕を持ちたい

診療科や在籍する病院にもよりますが、医師は基本的に激務な職業です。特に外科医や麻酔科医などの外科手術の際に必要になる医師や循環器科医や消化器医などの急を要する処置を行わなければ患者の生命に直結する科、いつ分娩が始まるか分からず帝王切開の可能性もある産婦人科などは特に激務です。当直やオンコールによる呼び出しも多く、たとえ家にいても完全に心休まる時間は本当に少ないものです。

どれだけ激務であるかは診療科や病院によっても異なるため、転職することでこの問題が解決することがあります。

2,収入を増やしたい

医師は先に述べた通りに激務な職業です。しかしその割に収入が少ないと感じる医師は非常に多く存在します。そのためより高い収入を貰える病院を探すことが多くなっています。

3,医師としてキャリアアップしたい

自分が望む医療を提供するため、今までの自分のスキルを活かした診療を行うため、今のスキルをさらにアップさせるため、そのようなキャリアアップを理由として転職を行う医師も多いです。特に症例数が限られた施設に在籍しているとなかなか経験が積めず、医師としての自己実現が難しくなります。そういった際に専門医の取得が可能な症例数のある病院を探したり優秀な指導医がいる病院を探したりすることがあります。

4,職場の人間関係に疲れた

医療はチームで行うことが基本になります。例えば外科医であるならば麻酔科医や放射線医、看護師、放射線技師などと協働することとなります。また医局制度の影響力は以前より低下していますが、それでもまだ人間関係に大きな影響を与えます。病院という環境は人の命に関わる場所のため、人間関係は一度崩れてしまうとなかなか修復するのが難しい傾向にあります。病院や医局での人間関係に疲れてしまった場合、転職することでリセットできることがあります。

5,出産、育児をすることになった

女医さんのライフプランにおいて出産と育児は大きな影響を与えます。常勤医として働いて、出産や育児に影響が出るならば就業時間や就業内容が定まっている非常勤医に転職をすることで解決できる場合があります。女性ならではの理由ですが、出産育児も医師が転職を考える大きな要因です。

医師の面接と書類選考で気を付けるポイント

医師が転職をするうえで面接と書類選考で気を付けるべきポイントは「激務・人間関係」を理由にしないことです。医師は程度の差はあってもどの病院でも比較的激務なものです。常勤医として働く場合はなおさらです。そのため激務を理由に転職を決意したとしても、面接や書類選考でそれを言ってしまうと印象が悪くなってしまいます。

またチーム医療が必要になる病院では人間関係は重視されます。人間関係の悪化を理由にしてしまうと協調性に欠けると判断されかねません。ただし転職をする一番の理由を解決できないならば、転職をする意味がなくなるのでこの問題は書類選考より前の段階で解決するようにしましょう。

ポイントは医師の転職エージェントを上手に利用することです。転職エージェントの病院担当者は今までの経験から病院の内部がどのようになっていて、実際の勤務体系や人間関係がどうなっているかを知っています。激務や人間関係が理由で転職する際は独力で行うのではなく、転職エージェントに頼りましょう。求人を探す際の条件として「あまり忙しくないこと」「人間関係が穏やかなところ」などと条件を付けて相談をすれば、見合った病院を紹介してくれます。書類選考や面接の際に役に立つ「その病院はどのような人間像を好むか」といった情報も知ることができます。

医師が転職するうえでアピールしたいポイント

一方でキャリアアップに関する理由ならば積極的にアピールしていくべきでしょう。同じ診療科に転職をする場合でも「その病院がどれだけ症例数があり、経験を積めるところに魅力を感じた」などと言えば印象をよくすることができます。異なる診療科に転職をする場合でも「今までの〇〇科としての経験が新しく希望する△△科のこのようなところに活かすことができます」などをアピールすると好印象でしょう。

キャリアアップを理由に転職を考える際も転職エージェントが強い味方となります。求人票だけでは判断することができないどのような症例があるのか、どんな指導医の先生がいるのかといった情報を知ることができます。医師は激務な職業です。働きながら独力で転職活動をするのは難しいでしょう。求人を探すだけでも大変なのにそこから書類を作ったり面接日を調整したりする労力は非常に大きいものです。転職エージェントを利用することでその労力を最小限にして、希望する条件に合致する病院を見つけることが可能です。

このページを閉じる前に 登録しないと絶対に損するエージェント 2社へ登録を!!

どんなに忙しい医師のアナタも、この2社は登録必須です。
この2社だけでもかなりの情報量があり、優秀な担当探しが楽になるはずです。

転職に成功している医師のほとんどが登録!

非公開求人・情報量で圧倒!!

メディウェル医師転職ドットコム
メディウェル医師転職ドットコム
  • list約4万件以上の求人案件数
  • list非公開プレミアム求人に注目
  • list上場企業のグループなので安心
  • list転職に成功した医師の口コミ◎
メディウェル医師転職ドットコム メディウェル医師転職ドットコム

転職希望医師の登録数No,1!!

エムスリーキャリア医師転職
エムスリーキャリア医師転職
  • list20万人以上が登録
  • list上場企業エムスリーが運営
  • list転職に成功した医師がよく使う
  • list首都圏に圧倒的な強さ
エムスリーキャリア医師転職 エムスリーキャリア医師転職

最後まで読んでいただいた皆様へ。
転職の成功を願っております。皆さまに幸運がありますように。

知らなきゃ損する医師転職の極意を紹介!
メディウェル医師転職ドットコム 迷ったらまずはここから2~3社に登録しましょう!!オススメ医師転職サイト厳選5社をPickUP!!
転職までの流れ転職までの流れ 転職支援サイトを選ぶ転職支援サイトを選ぶ

信頼できる大手・実力ある支援会社のみを厳選してご用意しております。自分に合った転職サイトを3社前後を目安に選びます。

利用するため、無料で会員登録利用するため、無料で会員登録

登録したい転職サイトが3社決まったら、登録項目は似てますので同じタイミングでまずは一気に登録を済ませてしまいましょう。

求人情報探しスタート求人情報探しスタート

登録後、本人確認の電話連絡があるはずです。希望の条件を伝え、「転職の意思がある」と必ず伝えます。良い担当者・優良な非公開求人情報を掴むための必須条件です。

いい担当者を探す いい担当者を探す

支援会社・エージェントを使う最大の醍醐味。複数社のいろんな担当者と話しましょう。Aランク、Sランクの求人は優良担当者経由でしか出てきません。

ベストな求人条件で雇用契約・転職成功へベストな求人条件で雇用契約・転職成功へ

法的には、転職する2週間前までに雇用主に通知すれば退職はできることになっています。それまでに転職先の面接を完了させ、内定獲得とスケジュール調整を行いましょう。

転職情報コラム 転職情報コラム 自分の市場価値・年収水準を知る自分の市場価値・年収水準を知る 医師の平均年収推移医師の平均年収推移 医師の月間平均残業時間の推移医師の月間平均残業時間の推移 医師は本当に売り手市場なのか?医師は本当に売り手市場なのか? エージェントを使い転職を成功にエージェントを使い転職を成功に 医師の転職理由TOP5は?医師の転職理由TOP5は? 医師転科のメリット・デメリット医師転科のメリット・デメリット 転科を考える医師はどれくらい?転科を考える医師はどれくらい? 開業医・雇われ医のメリット比較開業医・雇われ医のメリット比較 医師に必要なお金のマネジメント開業医・雇われ医のメリット比較

掲載協力会社掲載協力会社

  • 医師転職ドットコム
  • 40代50代60代医師転職ドットコム
  • 医師求人のJMC
  • エムスリー(m3)キャリア
  • リクルートドクターズキャリア
  • ドクターキャスト
  • Dr.転職なび
  • 医師求人ガイド
  • マイナビDOCTOR
  • CME@医師転職
  • MCドクターズネット
  • 医師バイトドットコム
  • 医師ジョブ.jp
  • 民間医局
  • CBネット
  • スマイルドクター
  • ドクターズWORKER
  • Dr.アルなび
  • アネナビ
  • 自由診療医師転職ドットコム