医師の転科は人気!転職サイトを利用するメリット・デメリットを解説

医師の転科は人気!転職サイトを利用するメリット・デメリットを解説
目次

医師が診療科を変える転科のメリットとは?

医師の診療科は様々です。例えば内科や外科、麻酔科、産婦人科などの診療科が存在します。以前は一人の医師が一つの診療科を選び、そのキャリアを積み、専門医を取得していくというキャリアパスが多かったです。しかし今では診療科を転科することも多く、専門医を取得していない医師も増えています。医師は激務になりやすい職業です。今の働き方に疑問が生じたら転科することも選択肢の一つかもしれません。医師の転科を成功させるコツにはどのようなものがあるのでしょうか?

そもそも医師が転科するメリットにはどのようなものがあるのでしょうか?転科によるメリットは以下のようなものが考えられます。

体力面での問題の解決

外科や麻酔科のような手術に関わる診療科の医師は非常に激務であることが多いです。1回の手術は数時間にも及び、10時間を超えるような手術を行うこともあります。外科や麻酔科はミスが患者の生死に直結するため、手術時間中は非常に強いストレスに晒されます。気力と体力のある若いうちならばまだ対応できるかもしれませんが、歳をとってくると体力面で厳しくなっていきます。

体力だけではなく集中力や視力の低下による手技への影響や判断力の低下なども問題となります。そのような激務の診療科から比較的、穏やかに働ける診療科へ転科することでこれらの問題を解決することができます。

診療科への不安の解消

産婦人科、小児科などの診療科は訴訟のリスクが大きい科です。また外科や麻酔科は体力的な問題で将来的にも続けていけるのかという不安が常に付きまといます。例えば精神科や眼科などの比較的訴訟リスクが少なく、体力的にも将来にわたって続けていける診療科に移ることでこれらの不安を解消することができます。

人間関係のリセット

特に大学病院や総合病院では医師はほかの診療科の医師や看護師、放射線技師など様々な人と協力して働いていく必要があります。その中で人間関係に問題が出てくることもあるかもしれません。特に同じ診療科の中では医局の影響も大きく、一度崩れた人間関係をもとに戻すのが難しい場合もあります。そのようなとき、転科をすることで人間関係を一度リセットすることができます。

医師が診療科を変えるデメリットとは?

一方で転科のデメリットには以下のようなものがあります。

新しい手技や知識の覚えなおし

転科をすると今までの自分のキャリアとはまた別の手技や知識を吸収していかなければなりません。外科から美容外科、皮膚科から美容皮膚科、内科から婦人科など今までの経験を活かせる転科もありますがそれでも転科後の診療科として一人前になるには多くの時間と勉強が必要となります。

給与が下がる可能性

転科をした場合、その診療科の医師としてはまだ経験が少ない状態で勤務が始まります。そのため今までの給与水準よりも低くなってしまうことがあります。特に住宅ローンなどを組んでいて毎月に一定の支出が決まっている場合は厳しくなります。

受け入れてくれる病院が見つからない

転科をすると、その診療科での経験を積む必要があります。転科した医師を育成してくれる時間や指導医の有無などによってなかなか受け入れてくれる病院が見つからないことがあります。

診療科の中でも特に忙しい診療科と穏やかな診療科

診療科の中でも特に忙しい外科や麻酔科、産婦人科、循環器科、消化器科などの医師には転科の需要が増えていると考えられます。外科や麻酔科、循環器科、消化器科などは患者の状態によっては命の危機に直結するため、精神的なストレスも多く勤務時間も長くなりがちです。

産婦人科は特に産科で、24時間いつ分娩が起きるか分からず、また帝王切開などのリスクの高い手術を行う可能性があるため激務となります。総じて患者の生命に直結して、24時間いつ手術が始まるかが分からず、精神的なストレスが多い診療科が激務の科と言えるでしょう。

一方で比較的穏やかに働ける診療科も存在します。耳鼻科、眼科、精神科、美容外科美容皮膚科などは患者の生命に直結することは少なく、急を要する手術が必要になることもほとんどないでしょう。また診療科ではありませんが、企業の中で労働者の健康管理を行う産業医も比較的穏やかに働くことができます。

外科や麻酔科は美容外科や美容皮膚科に転科しやすく、産婦人科や循環器科、消化器科は産業医になった際に今までの経験を活かして働くことができます。眼科は需要の多いコンタクト診療の求人が多く、比較的簡単に転科することができます。また精神科は比較的、どのような診療科からも転科しやすいことが特徴です。

まとめ

転科を成功させるためにはどの病院で転科を受け入れてくれる求人があるかを把握することが重要です。個人で転科受け入れ可の求人を把握することは困難を極めます。そのため、転科を考える際は転科の事例が豊富な医師の転職エージェントを利用するとよいでしょう。また複数の転職エージェントに登録することで非公開案件も含め幅広い求人を紹介してもらうことが可能になります。

医師の転職希望のかたにおすすめのエージェント2社

どんなに忙しい医師のアナタも、この2社は登録必須です。この2社だけでもかなりの情報量があり、優秀な担当探しが楽になるはずです。

転職に成功している医師のほとんどが登録
メディウェル医師転職ドットコ
非公開求人・情報量で圧倒!!
メディウェル医師転職ドットコム

メディウェル医師転職ドットコム

  • 総合力
    5
  • 求人件数
    5
  • 非公開求人
    5
  • 人気
    4
  • 対応力
    5

待遇の良い非公開求人の宝庫。最大級レベルの求人数で、ただの情報収集だけでも使えるサービスです。担当者が良いと評判です。求人4万件・最大の情報量を抱え、登録しない理由がありません。

  • 約4万件以上の求人案内
  • 非公開プレミアム求人に注目
  • 上場企業のグループなので安心
  • 転職に成功した医師の口コミ

総合評価

担当エリア日本全国
非公開求人数あり(10,000件以上)
求人件数常時、約40,000件以上
運営会社メディウェル(上場企業系列)
エムスリーキャリア医師転職
転職希望医師の登録数No.1
エムスリーキャリア医師転職

エムスリーキャリア医師転職

  • 総合力
    5
  • 求人件数
    4
  • 非公開求人
    5
  • 人気
    5
  • 対応力
    5

上場企業運営、条件交渉力の強さが特徴。ほとんどが非公開求人で転職成功。年収アップに強く、急いで転職したい方に特に向いています。医療系で最も規模が大きな上場企業。擁する医師会員数が最大です。

  • 20万人以上が登録
  • 上場企業エムスリーが運営
  • 上転職に成功した医師がよく使う
  • 首都圏に圧倒的強さ

総合評価

担当エリア日本全国
非公開求人数あり(10,000件以上)
求人件数常時、約10,000件以上
運営会社エムスリー(上場企業)

最後まで読んでいただいた皆様へ。
転職の成功を願っております。皆さまに幸運がありますように。

今より好待遇な医師のキャリアアップ・転職を目指す
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる