医師の転職理由・きっかけとなる10パターン。人間関係・年収・ライフスタイルの変化以外にも・・・!?

医師が転職する10の理由

医師転職を検討し始めた時、「世間の医師はどのような理由で転職するのだろう・・・?」と疑問に感じますよね。

他の医師の転職理由がわかると、転職すべきかどうかを決断しやすくなります。

今回は、医師が転職する理由を総まとめで紹介していくので、参考にしてみてくださいね。

①仕事の負担が大きい

1つ目の転職理由は、「仕事量が多すぎる」です。

基本的に医師は忙しい職業ですが、人手不足の職場になると休みも満足に取れない生活が続いてしまいます。

オンコールに備えなければならない場合、体力面だけではなく精神的にも疲れますよね。

②収入を増やしたい

「収入を増やしたい」は、どの職業にも共通する転職理由でしょう。

医師の場合、仕事量に対して満足できる収入を得られないことから転職を決断する方が多いです。

割に合わない職場で働き続けるのは、モチベーション的にもツライですよね。

逆に収入は満足できるけれど体力的にきついから転職するケースもあり、医師にとって仕事量と収入のバランスは継続して働き続けるために重要なポイントです。

③家庭の事情で勤務地を変えたい

結婚や出産など、家庭の事情から「勤務地を変えたい」を理由に転職する医師も多いですよ。

一言に家庭の事情といっても、「実家に帰る」や「子育ての時間を確保するため」など、さまざまな理由があります。

結婚すると家族を養うために稼ぐ必要があるため、収入アップを理由に転職する場合も家庭の事情が絡んでいるケースも多いでしょう。

④通勤時間を短縮したい

医師の仕事はオンコールも含めて拘束時間が長いため、「通勤時間を短縮して自由な時間を確保したい」と考える方は少なくありません。

診療科によっては休日でも緊急で呼び出されることがあるため、毎日の生活で少しでも自由な時間を増やすことは大事です。

とくに独身の医師にとっては、プライベートの時間が少ないと婚活や恋愛すら満足にできません。

⑤人間関係を一新したい

「人間関係がドロドロなので一新したい」も、全職に共通する転職理由です。

医師が人間関係を理由に転職するのは、本当にさまざまなケースがあります。

たとえば、院長や科部長といった上司との関係が悪化して圧力がツライ、看護師との恋愛や不倫を理由に今の職場で働くことが難しいなど。

人間関係は精神的なダメージが大きいため、職業を問わずに付き物となる悩みですね。

⑥スキルアップしたい

医師の転職理由で「スキルアップしたい」は、職場環境などで大きな差があります。

たとえば、アメリカへ留学して医療を学びたい場合は退職するしかありませんし、各診療科でハイレベルなスキルを習得したい場合もそれが可能な設備のある職場へ転職しなければなりません。

大学病院の場合だと、有名な教授が在籍しているところでスキルアップをはかりたいと思う医師は多いでしょう。

⑦転科したい

こちらもスキルアップと同じような転職理由ですが、「転科したい」と思った時はそれが可能な職場へ転職しなければ実現できません。

病院によって開設している診療科はさまざまであり、今の職場に目的の診療科がないのであれば転職は必須ですよね。

転科を理由に転職する医師は全体的には少数派な印象がありますが、「前は外科医をやってまして・・・」といわれ「えっ?!」みたいなシーンを耳にしたことがある方は多いと思います。

また、医師生活に疲れて他職業へ転職する方もいますよ。

⑧閉院や開業

「勤め先の病院が閉院した」や「開業するために退職」も、医師の転職理由でちらほらとあります。

病院が閉院する場合は、あらかじめ通達がなされることから転職の準備期間は確保しやすいです。

開業する場合も同様で、計画的に退職できますね。

⑨ヘッドハンティングでスカウトされた

「ヘッドハンティングでスカウトされた」ことをきっかけに転職するのも、業界的に聞くことが多い転職理由です。

スカウトは好条件を提示されて転職を促されるため、今の雇用条件に不満足な状況なら転職を決断しやすくなります。

ヘッドハンティングは医師転職のいいきっかけになるので、スカウトされた時はじっくり話を聞いてみてはいかがでしょうか。

⑩年齢や契約期間

「定年が近い」や「契約期間の終了」は、こちらも他職業と同様によくある転職理由です。

医師の定年は職場によって年齢が異なり、公務員なら65歳と決まっています。

定年が近い年齢になると開業や非常勤など、定年後の医師人生を考えなければなりませんね。

医師にオススメな2つの転職方法

医師の転職理由がどのような内容であれ、転職を決断したら次の職場をしっかり見つけなければなりません。

一般的に仕事を探すときはハローワークを使うのがメジャーですが、医師の場合はハローワークよりもヘッドハンティングや転職サイトを利用するのがオススメです。

もちろん、ハローワークでいい転職先が見つかることもありますが、ブラック求人やサポート体制の弱さなど、デメリットもあるんですね。

ヘッドハンティングや転職サイトは、好条件で転職先を見つけやすいことが最大のメリットですよ。

それぞれの転職方法について見ていきましょう。

①ヘッドハンティングは転職のチャンス!

ヘッドハンティングは急にスカウトされるので、自分のタイミングで転職を決断できないことも多いです。

しかし、ヘッドハンティングは優秀な医師をターゲットにスカウトするため、どのようなタイミングでも一応は条件面を聞いておくほうがいいですよ。

本当にスカウト内容はさまざまですが、年収やボーナスといった収入面の好待遇だけではなく、高級車を贈呈されることもあります。

医者転職業界にもある「ヘッドハンティング」の事情。引き抜きスカウトされる医師のポイントや共通点とは?接待漬け・高級車贈呈・ヘッドハンティング会社はどこまでやるか?

②転職サイトはサポートが優秀!

2つ目の医師転職でオススメな方法は、転職サイトの活用です。

転職サイトはヘッドハンティングとは違って、自分のタイミングから有意義に転職活動を進めることができます。

基本的に転職エージェントにサポートしてもらいながら転職活動を行えるため、単独の転職活動に比べて結果にこだわりやすいのが魅力です。

たとえば、履歴書や職務経歴書の作成も担当者が手伝ってくれますし、応募先も非公開求人や交渉から条件がマッチする求人提案をしてくれます。

医師転職に強い転職サイトは医師業界に精通したコンサルタントが在籍しているため、医師転職の悩みをじっくり相談できることも強みですよ。

転職しないという選択はどうなの?

医師転職に迷った時、「転職しない」というのも1つの選択です。

昔は転職をネガティブに捉えられることが多かったですが、今はWebでさまざまな情報を知ることができるため、「転職することはマイナスだ」と捉えている人は少ないでしょう。

「転職する」or「転職しない」は、どちらもメリットとデメリットがあります。

しかし、今の職場で希望を叶えられるように改善することは難しいことが多いため、転職するほうが満足できる医師人生を送れる可能性が高いのではないでしょうか。

まとめ

今回は、医師転職の理由を総まとめで紹介しましたが、転職決断の参考になれば幸いです。

医師の転職理由は「スキルアップ」や「転科」といった医師ならではの内容もありますが、ほとんどの理由は他職業と共通しています。

また、医師は特殊な職業であることからも転職先を見つけやすいため、転職に悩んだときは求人検索から希望が叶うかどうかをチェックすることからスタートしてみるといいですね。

このページを閉じる前に 登録しないと絶対に損するエージェント 2社へ登録を!!

どんなに忙しい医師のアナタも、この2社は登録必須です。
この2社だけでもかなりの情報量があり、優秀な担当探しが楽になるはずです。

転職に成功している医師のほとんどが登録!

転職希望医師の登録数No,1!!

エムスリーキャリア医師転職
エムスリーキャリア医師転職
  • list20万人以上が登録
  • list上場企業エムスリーが運営
  • list転職に成功した医師がよく使う
  • list首都圏に圧倒的な強さ
エムスリーキャリア医師転職 エムスリーキャリア医師転職

非公開求人・情報量で圧倒!!

メディウェル医師転職ドットコム
メディウェル医師転職ドットコム
  • list約4万件以上の求人案件数
  • list非公開プレミアム求人に注目
  • list上場企業のグループなので安心
  • list転職に成功した医師の口コミ◎
メディウェル医師転職ドットコム メディウェル医師転職ドットコム

最後まで読んでいただいた皆様へ。
転職の成功を願っております。皆さまに幸運がありますように。

エムスリーキャリア医師転職