医師のストレスの原因と(要因)ストレスチェック・解消法。うつになるまえに!

医師のストレスの原因と(要因)ストレスチェック・解消法。うつになるまえに!

医師はストレスを抱えやすい職業

医師は仕事が忙しいことで有名ですが、多忙な日々でストレスに悩んでいる方は多いと思います。

また、親が医師の子供は医者を目指すケースが多く、「子供の頃からストレスに悩んでいた・・・」という方もおられるでしょう。

ストレスは突然消えてなくなることはなく、今後もストレスと向き合いながら医師生活を送っていかなければなりません。

今回は、医師のストレス解消法を紹介していくので、ストレスに悩んでいる方は参考にしてみてくださいね。

医師がストレスを抱える5つの原因

医師のストレス原因はさまざまです。

「仕事が忙しくてストレスがたまる」のは典型的ですが、「人間関係でストレスがたまる」という方も多いでしょう。

医師がストレスを感じやすい代表的な5つの原因を見ていきましょう。

①仕事が忙しい

多くの医師は、「仕事が忙しい」ことからストレスを感じています。

休日にしっかり休みを取れるならいいですが、オンコールで呼ばれることが多い職場だと休みがない週も珍しくありませんよね。

常勤や非常勤、あるいは診療科などによっても仕事の忙しさは異なりますが、過度にストレスを感じる職場であれば働き方の変更を検討するほうがいいかもしれません。

②自由な時間が少ない

多忙生活の延長にあるのが「自由な時間が少ない」です。

仕事が忙しくてもプライベートが充実すると、ストレス解消に繋がりますね。

医師は「仕事が忙しい」+「自由な時間が少ない」のセットから過剰にストレスを感じやすく、ここが他職業とは異なる医師特有のストレス原因でしょう。

③人間関係に疲れる

医師は上司や看護師などさまざまな人間関係があり、仕事が忙しい中で「人間関係に疲れる」ことからストレスが倍増することも多いです。

人間関係によるストレスは他職業においても代表的なストレス原因であり、毎日の人間関係が精神的にツライため、これを理由に転職をするケースも良くあります。

医師は仕事内容(激務)+ドロドロ人間関係でストレス倍増…!?上司・看護師・患者と良好な人間関係を結ぶためのコミュニケーションポイント

④常に責任が付いて回る

医師の仕事は「常に責任が付いて回る」ため、ミスが許されないという緊張感にストレスを感じることも多いのではないでしょうか。

たとえば、患者さんが素人知識で治療にクレームをつけた場合、そのまま相手の希望どおりに治療することはできません。

こちらも「仕事が忙しい」や「人間関係に疲れる」など、複数のストレス原因が重なって責任感がストレスとなることが多いです。

⑤その他、年代や性別ごとのストレス

医師のストレスは年齢や性別など、それぞれの状況下においてもさまざまなストレス原因があります。

若い医師の場合、当直や夜勤を担当することが多く、ベテラン医師よりも過酷な労働になることは珍しくありません。

女性医師の場合、結婚や出産の時期に差し掛かると仕事との両立に悩み、周囲から気遣いされることが余計にストレスに感じることもあります。また、セクハラやパワハラなど、一般的に女性の悩みとして問題視される内容も女医のストレス原因です。

自分の状況をしっかり分析してストレスの原因を探っていくことが大切ですね。

ストレスを解消する3つのパターン


ストレス生活を続けるのは、健康的にも良くありません。

最近ストレスが溜まっていると感じるなら、ストレスを解消することに努めましょう。

5分でできる職場のストレスセルフチェック」は厚生労働省のストレスチェックです。

まずは、自分のストレスをチェックすることからスタートしてみてくださいね。

ストレスの解消法は「気分転換する」や「欲求を満たす」など、ストレスの状況下から解放される行為はほとんど該当します。

しかし、医師生活では「そもそもストレスを解消する時間がない・・・」ということが多く、これが医者のストレス解消の難しいところです。

短時間でもちょっとした工夫でストレスを軽減できる可能性があるので、3つの時間別ストレス解消法を参考に実践してみてはいかがでしょうか。

①短時間でストレス解消

ストレスを感じているときは睡眠をしっかりとることが大切といわれますが、休憩中のちょっとした時間に目をつぶるだけでもリラックスできますよ。

  • 休憩中に寝る
  • 休憩は一人で過ごす
  • 通勤や休憩で好きな音楽を聴く
  • マイカー通勤なら車内で思いっきり叫ぶ
  • 車内で思いっきり歌う、など

1日中ずっと誰かとコミュニケーションを取らなければならないのは疲れますよね?

休憩は公園で過ごすなど、職場で一人の時間を作るのは効果的ですよ。

数分から数時間程度の時間をうまく活用してみてくださいね。

②長時間でストレス解消

基本的にストレス解消は何かをするための時間が必要なので、時間を確保できるほどストレスを発散しやすくなります。

  • ゲームや映画など趣味に没頭する
  • 恋人や家族と時間を満喫する
  • 友達とカラオケやお酒を楽しむ
  • サッカーや野球など運動する
  • お風呂や睡眠など体力回復に努める

帰宅して就寝までの時間をストレス解消に使えば、気分転換から気持ちを一新しやすいですね。

自分の趣味に没頭したり、友達や恋人と時間を過ごすのはメジャーな方法です。

運動で汗を流すのは頭で考えるよりも気持ちがリラックスしやすいため、思い切り運動するのも効果的ですよ。

また、お風呂や睡眠など、とにかく体力回復に努めることもリフレッシュからストレス解消に繋がりやすいですね。

③数日でストレス解消

まとまった休みを取ることができれば、それはストレス解消のチャンスです。

  • 旅行を楽しむ
  • 趣味に没頭する
  • 恋活や婚活する
  • 欲しい物を買う
  • 交友関係を満喫する

数日ほどの時間があるときは、プライベートを充実させましょう。

プライベートが充実すると、仕事のモチベーションも高まりやすいです。

普段はやりたくてもできないことを優先していくのがいいですね。

労働が過酷すぎるなら転職も必要

医師のストレス原因はさまざまですが、ストレス解消法も同様です。

ストレスは直接的な原因を解決できれば、基本的に日々の仕事生活でストレスを軽減できます。

しかし、「労働時間が長い」や「上司のパワハラ」など、自分の努力では解決できない問題もありますよね?

そうした場合、どれだけストレス発散に努めても、いずれはストレスに負けてしまうことがあり得ます。

あまりにも過度なストレスを感じる職場なら、転職を検討することも大切ではないでしょうか。

ストレスを原因に転職するのは普通なこと

日本は海外に比べると「転職をネガティブに捉える傾向がある」、という話を耳にすることがありますね。

億万長者でない限り、人生を生きていくには仕事を続けなければなりません。

1日の時間配分を見ても、プライベートよりも仕事に時間を費やすほうが圧倒的に多いわけであり、自分の働きやすい職場を追求していくスタンスはポジティブだと思います。

また、この考え方ではストレスを原因に転職するのは普通であり、ストレスの少ない職場で働く方がシンプルに有意義ですよね。

まとめ

今回は、医師のストレス原因と解消法について紹介しましたが、ストレスが気になる場合は解消に努めるようにしましょう。

ストレスはサイレントキラーと呼ばれるように、知らない間に体調を崩す原因にもなります。

それぞれの状況によってストレスを解決できるかどうかは異なるため、ストレス発散だけで対処することが難しいなら思い切って転職も検討してみてくださいね。

このページを閉じる前に 登録しないと絶対に損するエージェント 2社へ登録を!!

どんなに忙しい医師のアナタも、この2社は登録必須です。
この2社だけでもかなりの情報量があり、優秀な担当探しが楽になるはずです。

転職に成功している医師のほとんどが登録!

転職希望医師の登録数No,1!!

エムスリーキャリア医師転職
エムスリーキャリア医師転職
  • list20万人以上が登録
  • list上場企業エムスリーが運営
  • list転職に成功した医師がよく使う
  • list首都圏に圧倒的な強さ
エムスリーキャリア医師転職 エムスリーキャリア医師転職

非公開求人・情報量で圧倒!!

メディウェル医師転職ドットコム
メディウェル医師転職ドットコム
  • list約4万件以上の求人案件数
  • list非公開プレミアム求人に注目
  • list上場企業のグループなので安心
  • list転職に成功した医師の口コミ◎
メディウェル医師転職ドットコム メディウェル医師転職ドットコム

最後まで読んでいただいた皆様へ。
転職の成功を願っております。皆さまに幸運がありますように。

エムスリーキャリア医師転職