医師が転職前に整理すべきキャリアプラン・転職理由など5つのポイント

医師が転職前に整理すべきキャリアプラン・転職理由など5つのポイント

転職の前に整理しておきたい5つの項目

医師転職はさまざまなキャリアを歩むことができるため、「どのような転職が理想なのか?」をしっかり考えなければなりません。

基本的に医師の転職は一般職と同じで、理想を追求しながら希望が叶う転職先を探していきます。

しかし、「大学医局を離れるのか?」や「転科?専門医?」など、医師ならではのターニングポイントがあるため、まずはここを整理しておきましょう。

①どうして転職したいのか?

転職を検討するのは、何かしらの理由があります。

「どうして転職したいのか?」を整理することで、希望条件を明確にして求人検索もスムーズですよ。

年収アップや職場環境など、転職の発端となった理由を箇条書きで整理していくのがいいですね。

また、転職理由をしっかり整理しておけば、衝動的な転職で失敗することも少ないです。

POINT!

転職理由を整理するのは求人条件を明確化できるだけではなく、将来のキャリアビジョンを考えることにもつながる。

②将来のキャリアビジョンは?

医師転職でもっとも悩むのが、将来のキャリアビジョンではないでしょうか。

今の診療科にやりがいを感じない場合など、転科も含めるとさまざまなキャリアビジョンがありますよね?

どのような医師キャリアを歩みたいのかは、いずれにしてもどこかのタイミングで考える必要があります。

50代や60代といったベテラン医師の年代になってから考えるのは遅く、この年代に「どのような医師生活を送りたいのか?」を考えることが重要ですね。

POINT!

医師は30代や40代など、働き盛りの年代では理想の転職を実現させやすい。なるべく早い段階で将来のキャリアビジョンを決めておこう。

③転科するのか専門医を目指すのか?

転科や専門医については、転職のタイミングだからこそ整理しておきたい項目です。

転科は今後のキャリアの方向性が決まる重要ポイントなので、興味のある診療科を可否も合わせてじっくり考えておきたいですね。

専門医はどのような認定資格を取得するのかで、キャリアの方向性が明確になってきます。

また、認定医になると年収アップも見込めるので、キャリアアップを目指すならじっくり検討したいですね。

POINT!

医師の転職は、転科や専門医といったキャリアの方向性が理由になることはよくある。医師人生の中でも重要な分岐点なので、じっくりと方向性を考えたい。

④大学医局を離れるのか?

医局に属している場合、大学医局を離れるかどうかも考えておきましょう。

今は医局以外の働き方が普及しているため、医局をやめても仕事は見つかります。

しかし、医局に属していると「大学ブランド」や「豊富な人脈」といった独自のメリットがあるため、キャリアビジョンと並行して考えておくほうがいいでしょう。

医局で働いている間は「人間関係が・・・」とか「給料が安い・・・」など、さまざまなデメリットを感じることが多いと思いますが、「やっぱり医局のほうがよかった」という転職結果にだけはならないようにしたいですね。

転職理由によっては以前の大学病院へ戻りずらいでしょうし、仲間意識の強い医局業界では出戻りを繰り返すのは印象が良くありません。

POINT!

今は職業を問わずに転職サイト経由の転職がスタンダード。医師の場合も、医局をやめても転職サイトで簡単に仕事を見つけられる。医局のメリットをしっかり考慮して、今後のキャリアビジョンを計画していこう。

⑤仕事の探し方は?

医師転職は「上司の紹介」や「医局の紹介」など、仕事の探し方によっても転職方法が変わってきます。

一般職はハローワークや転職サイトの利用が主流ですが、医師は人脈を伝手に転職するケースも多いですよね。

医局を離れるかどうかの決断はもちろん、周囲の人脈をフル活用するなら良好な人間関係を構築しておくことが欠かせません。

基本的にどのようなキャリアビジョンでも、医師転職は転職サイトでプロのサポートを受けることができるため、昔に比べると医師転職のフットワークは軽いです。

まずは、転職サイトで求人検索や転職相談していくのがオススメですよ。

また、転職に悩んでいるタイミングでヘッドハンティングされたら、積極的にスカウトの話を聞いておきましょう。

POINT!

転職サイトはWebで簡単に求人比較ができ、アドバイザーの求人提案を受けることも可能。将来のキャリアを相談することもできるため、転職を思い立ったら相談からスタートするのが効率的。

医者転職業界にもある「ヘッドハンティング」の事情。引き抜きスカウトされる医師のポイントや共通点とは?接待漬け・高級車贈呈・ヘッドハンティング会社はどこまでやるか?

転職に悩んだ時に行動したい3つのこと

医師転職に向けて転職理由やキャリアビジョンを整理したら、次は転職するかどうかの決断をするためにも求人チェックを進めましょう。

求人チェックの方法は「Webで求人検索」と「転職エージェントに相談」の2つです。

最初に2つや3つほど医師転職サイトを探して、登録を完了しておきます。

登録が完了すると、いつでも「Webで求人検索」+「応募」が可能となるので、仕事の合間を縫って求人比較ができますよ。

①求人案件をチェックしよう

医師の転職サイトは、各サイトによって掲載されている求人情報が違います。

そのため、複数の転職サイトに登録しておくほうが、より多くの医師求人を比較できますよ。

これは公開されている求人だけではなく非公開求人も同様なので、転職のマッチング率を高めるなら転職サイトを複数利用するのが賢いです。

②転職エージェントに相談しよう

転職サイトによっては、転職エージェントという転職相談サービスがあります。

転職エージェントはメールで転職相談したり求人案件を紹介してもらうことができ、都合のいい時間帯に電話相談も可能ですよ。

自分で求人検索から応募先を探すことに比べると、転職エージェントはマッチング作業を代行してくれるので求人比較がスピーディーです。

また、実績や希望を考慮して非公開求人を提案してくれたり、面接の同行で条件面を交渉してくれるのもメリット。

他にも、履歴書や職務経歴書の作成を手伝ってくれたり、医師の転職市場に詳しいアドバイザーが適正年収等の具体的な情報を教えてくれます。

医師専門のアドバイザーがサポートしてくれるため、医師キャリアについて相談するだけでも利用価値がありますよ。

③勤務地以外でもエージェントを探しておこう

何よりも待遇を重視する場合など、地方へ転職することも選択肢となりますね。

転職エージェントは勤務地以外のエリアでも担当者を確保できるため、各エリアごとにエージェントを探しておくと便利です。

それぞれの担当者は担当地域を持っており、目的エリアに詳しい人に相談するほうが期待値が高まります。

また、転職エージェントは担当者の変更ができるため、正確が合わないといった場合でも自由に最適なエージェントを探せますよ。

まとめ

医師転職は「医局を離れるのか?」や「転科するのか?」など、選択によってキャリアが大きく変わります。

今回紹介した内容を参考にして、まずは転職活動をはじめる前に重要ポイントを整理してみてくださいね。

また、実際のところは求人案件をチェックしなければ転職の判断が難しいケースも多いため、医師の転職サイトを活用しながら効率的に求人チェックを進めてみてはいかがでしょうか。

このページを閉じる前に 登録しないと絶対に損するエージェント 2社へ登録を!!

どんなに忙しい医師のアナタも、この2社は登録必須です。
この2社だけでもかなりの情報量があり、優秀な担当探しが楽になるはずです。

転職に成功している医師のほとんどが登録!

転職希望医師の登録数No,1!!

エムスリーキャリア医師転職
エムスリーキャリア医師転職
  • list20万人以上が登録
  • list上場企業エムスリーが運営
  • list転職に成功した医師がよく使う
  • list首都圏に圧倒的な強さ
エムスリーキャリア医師転職 エムスリーキャリア医師転職

非公開求人・情報量で圧倒!!

メディウェル医師転職ドットコム
メディウェル医師転職ドットコム
  • list約4万件以上の求人案件数
  • list非公開プレミアム求人に注目
  • list上場企業のグループなので安心
  • list転職に成功した医師の口コミ◎
メディウェル医師転職ドットコム メディウェル医師転職ドットコム

最後まで読んでいただいた皆様へ。
転職の成功を願っております。皆さまに幸運がありますように。

エムスリーキャリア医師転職