嫁・子持ちなど、家族がいる医者の働き方を考える。高収入をキープしつつライフワークバランスを保つには?

嫁・子持ちなど、家族がいる医者の働き方を考える。高収入をキープしつつライフワークバランスを保つには?

ワークライフバランスとは?

日本では、ワークライフバランスは「仕事と生活の調和」という意味で使われています。

少子高齢化対策など政策で使われているのをきっかけにして、一般的にも普及した言葉といった印象です。

ワークライフバランスは「仕事を充実させるために生活を犠牲にする」or「生活を充実させるために仕事を犠牲にする」という考え方ではなく、どちらも充実させながらバランスを取っていくという考え方が根底にあります。

個人でワークライフバランスを考える場合、生活と仕事のどちらかを犠牲にしなければバランスを保てないことが多いですよね?

そのため、基本的にワークライフバランスを考えるのは国や会社といった大きな組織であり、従業員は新しい取り組みの成果に期待する必要もあります。

POINT!

ワークライフバランスは、使う人によって定義がさまざま。個人の場合は、ストレートに仕事と生活のバランスを取るという意味で使うことが多い。

ワークライフバランスが注目されている理由

日本でワークライフバランスが使われるようになったのは、少子高齢化が深刻だからです。

「育児休業制度」や「保育所の拡大」など、さまざまな改革が行われても少子化は改善されませんでした。

そこで、「少子化対策基本法」や「次世代育成支援支援対策推進法」といった新しい改革が行われ、ワークライフバランスが注目されるようになったんですね。

たとえば、少子化対策基本法の2条は「仕事と家庭の両立支援と働き方の見直し」であり、まさにワークライフバランスです。

女医は大変・・・!

女性は結婚や育児が大変であり、育児休暇といった会社のバックアップがなければ仕事を充実させることが難しいですよね。

女医の場合、そもそも医者という職業の仕事が多忙であり、とくに女性の外科医は男性外科医よりもワークライフバランスで悩むことが多いでしょう。

基本的に職業を問わずに女性の働き方についてはメディアで取り上げられることも多いですが、「どうすればいいのか?」の具体策についてはとくにありません。

これは勤め先がワークライフバランスを考慮して実行した制度に期待するしかないため、今の職場で仕事と生活のバランスを取ることができないなら、転職を検討するしかないでしょう。

独身医師は婚活を・・・!

「国」という規模で見ると、ワークライフバランスと少子化は深い関係にあります。

日本政府の政策を軸にすると、独身医師の方は積極的に婚活して未来の日本を救いたいところですね。

働きやすい社会が構築されても、少子化だけは国民一人ひとりの「結婚する」→「子供を作る」という意識が必要です。

医者はモテる職業なので、休日は婚活に励んでみてはいかがでしょうか。

高収入をキープしながらライフワークバランスを保つには?

さて、ここからは家庭を持っている医師の働き方について考えてみたいと思います。

独身のときはプライベートを自由に過ごすことができても、結婚すると家族と過ごす時間を大切にしなければ家庭が充実しません。

とくに子供を持つと「運動会」や「参観日」など、子供の学業イベントが増えてくるため、今まで以上に生活の時間を確保する必要があります。

POINT!

医師は、収入面では仕事が充実していることが多い。ライフワークバランスを考えるとき、収入よりも生活時間の確保がポイントになりやすい。

開業は大変・・・親のクリニックを継げるなら有りかも

自分でクリニックを開業すると、当直やオンコールが続く日々に比べると生活を充実させやすいと考える医師は多いと思います。

実際は、経営次第では多忙な日々になることも当然ながらあり得ますが、経営が安定してくると休みも取りやすいです。

しかし、開業は5,000万円ほどの資金が必要だったり、経営の先行きはやってみなければわからない部分もあるため、高リスクというデメリットがあります。

親がクリニックを経営している場合など、最初からそれなりの安定が見込めるケースでは有りでしょうか。

開業医として生きて行くメリット・デメリット・リスク・準備金など総まとめ。ぶっちゃけ本当に儲かるの?

結婚や出産をきっかけに転職する医師は多い

最近は、医局以外にも民間の転職サイトが普及しているため、転職する医師は珍しくありません。

転職理由はさまざまですが、結婚や出産をきっかけに「通勤時間」や「勤務地」を優先して職場を選ぶ方も多いですよ。

とくに女性医師は家事に時間を割かなければならないため、男性よりも生活変化で転職する方が多そうですね。

医師が転職前に整理すべきキャリアプラン・転職理由など5つのポイント

顧問ドクターなど、別の道も模索してみよう

キャリアによっては、顧問ドクターなど一般的な医師の働き方とは違った道も模索できます。

たとえば、交通事故を専門としている法律事務所の顧問ドクターは、相談者の今後を医師の診断が左右することも多く、普通に患者を診断するのとは違ったやりがいを感じる仕事です。

医師は超専門的な職業なので、外国語ができるなら「医療翻訳」、記事を書くのが好きなら「医療ライター」など、医療関係の仕事は大抵引き受けることができます。

また、時代の流れでフリーランス医師として活躍している方も増えていますね。

自由な働き方は生活を充実させやすいですが、仕事によっては収入が不安定になるケースもあるので、求人をしっかり比較しておきましょう。

非常勤やバイトは短期間なら有り

医師は非常勤やバイトでも高収入を稼ぐことができますが、家族持ちにはあまりオススメできません。

やはり、一般職と同じように収入が不安定になるので、常勤で働ける転職先を見つけるまでの繋ぎなど、非常勤やバイトは短期間なら有りです。

ただし、一回の収入が高額なので、本業が安定しているなら副収入としてバイトするのは全然有りだと思います。

非常勤だけ・バイトだけ・兼業のいわゆる(正社員ではない医師)は食べていけるの?年収や生活の平均、リアル体験記

医師のワークライフバランスは転職が最大のポイント

嫁や子供を持つ医師の働き方として、結局はプライベートの時間を確保するために「転職する」のがポイントです。

本来のワークライフバランスの意味とは異なり、実際に転職を検討する場合は仕事量を減らしてプライベートを充実させなければならないケースもあるでしょう。

以前と同じ年収で通勤時間の短縮から時間を確保できるといったこともあるでしょうが、なかなかすべて都合よく転職するのは難しいですね。

必ず使っておきたいのが転職サイト!

医師転職は、しっかり条件を確認しておくことが大切です。

「報酬はいくらなのか?」や「休みはどのくらいなのか?」など、細かいところまで条件をチェックしてワークライフバランスを考えましょう。

希望条件を出来る限り実現させるためにも、転職サイトは利用してくださいね。

転職サイトは医師求人をWebで比較できますし、転職エージェントに相談してマッチングしてもらうこともできます。

普通にハローワーク等で求人探しをするよりも、希望を通した医師転職ができますよ。

まとめ

今回は家族を持つ医師の働き方を紹介しましたが、結婚や出産を機に「日々のハードワークは限界だ・・・」と感じる方は多いと思います。

国が政策としてワークライフバランス推進に取り組んでいるため、今後は医療業界にもさまざまな改革に期待が持てますし、転職サイトの存在も加味して医師転職を検討しやすいのが救いです。

待っているだけでは医師のライフワークバランスを改善できないことも多いため、プライベートを充実させたいときは転職を検討してみてくださいね。

このページを閉じる前に 登録しないと絶対に損するエージェント 2社へ登録を!!

どんなに忙しい医師のアナタも、この2社は登録必須です。
この2社だけでもかなりの情報量があり、優秀な担当探しが楽になるはずです。

転職に成功している医師のほとんどが登録!

転職希望医師の登録数No,1!!

エムスリーキャリア医師転職
エムスリーキャリア医師転職
  • list20万人以上が登録
  • list上場企業エムスリーが運営
  • list転職に成功した医師がよく使う
  • list首都圏に圧倒的な強さ
エムスリーキャリア医師転職 エムスリーキャリア医師転職

非公開求人・情報量で圧倒!!

メディウェル医師転職ドットコム
メディウェル医師転職ドットコム
  • list約4万件以上の求人案件数
  • list非公開プレミアム求人に注目
  • list上場企業のグループなので安心
  • list転職に成功した医師の口コミ◎
メディウェル医師転職ドットコム メディウェル医師転職ドットコム

最後まで読んでいただいた皆様へ。
転職の成功を願っております。皆さまに幸運がありますように。

エムスリーキャリア医師転職