医師の転科、きっかけや理由・年齢も加味したベストな方法は?転職のほうが有利?

医師の転科、きっかけや理由・年齢も加味したベストな方法は?転職のほうが有利?

転科を考える医師のきっかけや理由とは?

医師の転科は、所属する診療科から診療の異なる科へ移ることをいいます。

全体で見ると転科をする医師は少ないですが、それでも「外科医」→「内科医」というように転科で医師キャリアを変更するかたはいますよ。

実際に転科を検討するとき、他の医師の転科理由やきっかけが気になるところですね。

主な医師転科のきっかけや理由を4つみていきましょう。

①キャリアを考えて転科

転科をする医師のほとんどは、今後の医師キャリアを考慮して転科に踏み切るケースが多いです。

たとえば、放射線科で読影の仕事をしている場合、高齢になっても読影を続けられるか不安という理由から、訪問診療医に転科したという医師の話があります。

どの職業も高齢になった時に「定年後をどうするか?」は共通の悩みですが、医師も同じですね。

POINT!

医師の転科は年齢が重要なポイント。希望する医師キャリアを実現させるには、早く転科に踏み切るほうがいいケースもある。転科後は、新しい診療科で経験を積まなければならない。

②スキルアップのために転科

認定資格を取得するなど、スキルアップをきっかけに転科する医師も多いです。

たとえば、循環器内科の経験を経て透析専門医を目指している医師が、透析の資格を取る予定で、それに合わせて転科をしたという話があります。

これは「キャリアを考えて転科」と同じような理由ですが、スキルアップするためには転科しなければならないケースも当然ながらありますよね。

POINT!

資格取得が絡む場合、転職による転科は転職計画をしっかり考えておこう。資格を取得できる日に合わせて前もって転職活動するよりも、資格を取得してからゆっくり転職活動するほうが応募先を見つけやすい。

③プライベートを充実させるために転科

結婚や出産をきっかけに転職する医師は多いですが、その際に家族と過ごす時間を確保するために転科を検討する医師もいます。

普通に休みを取りやすい職場に転職するのとは異なり、転科するほうがワークライフバランスを取りやすいことがあります。

POINT!

結婚や出産は人生の大きな岐路。もともと転科を検討している場合、人生の節目で転科に踏み切りやすいという心理的な要素もある。

④そのほか、やりがいや相性など

今の診療科にやりがいを感じない場合や向いていないと感じる場合、転科して心機一転をはかる医師もいます。

たとえば、オペでミスすることを不安に感じている外科医の場合、そのまま外科医を続けることは難しいですよね。

学生時代とは異なり、医療現場で経験を積むことでわかるやりがいや相性も多いです。

POINT!

周囲からすると、やりがいや相性で転科するのは微妙な印象かもしれない。しかし、個人にとってはこれからも医師を続けるために重要なターニングポイントなので、熱意をもって仕事に取り組める転科をしっかり見つけたい。

転科の方法

転科するきっかけや理由は本当にさまざまですが、勤務医の転科はどのようなケースにおいても「異動」か「転職」です。

その他、「開業」という転科もありますが、こちらはかなり稀なケースですね。

それぞれの転科方法をみていきましょう。

①異動による転科は早めに相談しておこう

異動による転科は転職ではないため、同じ院内で他の診療科に移ることで転科します。

基本的に異動で転科できると「転職の不安」がありませんし、仕事をしない「空白期間」もないため、収入を安定させながら転科できることがメリットです。

しかし、病院によっては「希望する診療科に空きがない」や「希望する診療科がない」ことがあるため、早めに転科の相談をしておき、転職が必須なら早めに準備を進めましょう。

②転職による転科は希望条件を叶えやすい

転職による転科は転職活動しなければなりませんが、さまざまな求人を比較できることから希望を叶えやすいことがメリットです。

収入面以外でも「自宅から近いところで働きたい」や「勤務地を変更したい」など、細かい条件も考慮しながら転科できます。

異動で転科する場合は収入面を自分で交渉できないため、待遇アップを目的に転科するなら今の職場に希望する診療科があっても、転職から転科するほうがいいかもしれません。

③開業による転科は稀

開業による転科は、「転科」よりも「開業=経営」にリスクを感じるでしょう。

両親や親戚がクリニックを経営しており、それを引き継ぐ場合はリスクが軽減されますが、ゼロからのスタートは開業資金だけをみても非常に難しいです。

将来的に開業やクリニックの引き継ぎが決まっている場合、医師として働きだす際にまったく関係のない診療科で働くことはないと思うので、開業による転科は極めて稀なケースです。

また、実際に開業を目的に転科する場合、結局は開業プランや経営が大きな壁であり、転科について悩むことは少ないかもしれません。

開業医として生きて行くメリット・デメリット・リスク・準備金など総まとめ。ぶっちゃけ本当に儲かるの?

転職エージェントは転科の転職に強い!

さて、転職から転科するときは「新たな診療科の経験がない・・・受け入れ先はあるのか?」という悩みに不安を感じますね?

やはり、今までと同じ診療科で転職活動するほうが経験を武器に転職できるので、転科の転職はなかなか希望がマッチする職場が見つからないこともあります。

そこで活用しておきたいのが転職エージェントです。

POINT!

転職エージェントは、転科の医師キャリアを相談できる。相談から今後のキャリアプランを提案してもらうこともでき、転科先の求人情報を探してもらえることも強み。希望条件をできる限り実現できるように交渉もしてくれる。

転科のタイミングはしっかり考えよう!

どのような転職方法から転科するにしても、あらかじめ考えておきたいのが転科する年齢です。

医師は30代~40代が働き盛りと言われますが、今後の医師人生を考慮すると転科を希望するなら早めに決断するほうがいいでしょう。

専門医になって転科する場合などは最初から収入アップに成功できるかもしれませんが、転科すると新たなキャリアをスタートするため、経験を積んで収入アップに繋げる必要があります。

そのため、なるべく早い段階で転科しておくほうが、転科後のキャリアを充実させやすくなりますよ。

迷ったときは転職エージェントに相談してみよう!

転職エージェントの相談は無料なので、気軽に転科について相談できます。

「求人は見つかるのか?」や「待遇はどのくらいなのか?」といった転科の悩みについても、相談するだけで答えが見つかりますよ。

また、本格的に転職から転科する場合も、「求人探し」や「交渉」など、さまざまな転職サポートが非常に心強いです。

転科について迷ったときは、転職エージェントに相談することからはじめてみてはいかがでしょうか。

まとめ

医師の転科は今後の医師人生が大きく変わることから、転科の判断は慎重に考えたいところですね。

他の医師が何をきっかけにどのような理由で転科しているのかを参考にしながらも、自分の目的を明確にしながら転科を考えてみてください。

また、転科は転職を余儀なくされるケースもあり、収入アップを目的にする場合も転職エージェントをフル活用していくのがオススメです。

転科後の適正収入など、迷いを払拭しながら転科の判断ができますよ。

このページを閉じる前に 登録しないと絶対に損するエージェント 2社へ登録を!!

どんなに忙しい医師のアナタも、この2社は登録必須です。
この2社だけでもかなりの情報量があり、優秀な担当探しが楽になるはずです。

転職に成功している医師のほとんどが登録!

転職希望医師の登録数No,1!!

エムスリーキャリア医師転職
エムスリーキャリア医師転職
  • list20万人以上が登録
  • list上場企業エムスリーが運営
  • list転職に成功した医師がよく使う
  • list首都圏に圧倒的な強さ
エムスリーキャリア医師転職 エムスリーキャリア医師転職

非公開求人・情報量で圧倒!!

メディウェル医師転職ドットコム
メディウェル医師転職ドットコム
  • list約4万件以上の求人案件数
  • list非公開プレミアム求人に注目
  • list上場企業のグループなので安心
  • list転職に成功した医師の口コミ◎
メディウェル医師転職ドットコム メディウェル医師転職ドットコム

最後まで読んでいただいた皆様へ。
転職の成功を願っております。皆さまに幸運がありますように。

エムスリーキャリア医師転職