【若手医師必見!?】医者の勉強方法:医学論文の効率的や読み方・勉強会への参加など、今どき医師の勉強スタイルについて

【若手医師必見!?】医者の勉強方法:医学論文の効率的や読み方・勉強会への参加など、今どき医師の勉強スタイルについて

医師の主な勉強方法

医療は日々進化していることからも、医師は仕事の傍らで勉強に励むことも大切ですね。

医師免許を取得すれば勉強しなくても仕事を続けることができますが、医学論文などで勉強することによって「日々の診療や処方で参考になることがある」と感じる医師は多いようです。

医師の主な勉強法を3つみていきましょう。

①勉強会に参加する

医師の勉強会は「病院主催の勉強会」や「医師会主催の勉強会」など、さまざまな勉強会があります。

勉強会は単に講義を聞くというイベントがあれば、お互いに意見をディスカッションする検討会のようなイベントもあるので、「勉強会に参加することで何を得られるのか?」は本当にイベント次第です。

勤め先によっては定期的に勉強会が開催されていることがあると思いますが、その場合も他の勉強会に積極的に参加するほど、より多くの知識を身に付けやすくなりますね。

②学会に参加する

学会に参加するのも、医師にとってお馴染みの勉強法です。

医師が勉強する理由や目的は専門分野によっても違いがあると思いますが、「最新の医療情報を知りたい」や「今のトレンドを知りたい」というかたは多いでしょう。

学会も勉強会と同じくさまざまなイベントが開催されており、「米国心臓協会学術集会」のように国際規模のイベントもあります。

また、学会もディスカッション型のイベントが開催されることがあり、こうしたイベントなら「講義を聞くだけのイベントは堅苦しい」と感じる方でも参加しやすいでしょう。

③書籍や医学雑誌などを使う

勉強会や学会は有益な情報を得られる場所ですが、「仕事が忙しくて開催地へ行けない・・・」というケースがあるのは悩みですよね。

そんな医師にとっては、書籍や医学雑誌で勉強していくのが王道でしょう。

こちらもかなり多くの文献を参考にすることができるので、勉強会や学会と同じように「どれをチョイスするのか?」がポイントです。

日本雑誌の場合はWebでランキング検索するだけでも山ほど見つかりますし、英語論文を読みたいなら「NCBI・Pubmed」で探すと登録されている論文を読むことができますよ。

NCBI(National Center for Biotechnology Information)はアメリカの医療サイトで、非常に多くの論文が登録されています。

英語の医学論文を勉強するには?

医師は基礎レベルの英語はできるけれど、「英語の医学論文は読めない」という方が多い印象がありますよね。

これは政治に詳しくない人が日本語で政治の論文を読むのと同じであり、知らない言葉もたくさん出てくるので慣れが必要です。

1つの医学論文を読破するのに何度も翻訳しながら意味を理解していく必要があるため、医学論文で勉強しようと思っても心が折れます。

そこで、少しずつ医学論文に慣れるために「abstract読みを日課にする」のがオススメです。

abstractを読むことからはじめよう!

医学論文のabstract(要約文)は、日本語と同じで論文の内容が要約されているため、短い文章で大まかな内容を理解できます。

文章の冒頭から読んでいくよりも、先に要約文を読むほうが全体の内容を理解できるので、医学論文を読みやすくなりますよ。

もちろん、最終的にはすべてを読む必要がありますが、英語論文に慣れるという意味ではなかなか効率のいい勉強法です。

読むことを日課にすることが大切!

abstract読みは、必ず日課にしましょう。

毎日読むことが難しいなら、「毎週の土曜日に要約文を読む」など、毎週決まった日に勉強するのもいいですね。

一般的に英語の勉強法でも「続けることが大切」とよく言われますが、英語の医学論文もこれは同じです。

勉強会は医師の勉強法で王道

「医師の勉強会ってどうなの?」と思う方もいるでしょうが、基本的に時間があるときは勉強会に参加していくのがオススメです。

勉強法という意味合いでは、勉強会はイベントの開催地へ行けば強制的に何かしらの知識を得られるのがメリットですよ。

書籍や雑誌で勉強する場合は「今度でいいか・・・」が続いてしまい、結局は勉強が進まないことがありますね。

医師会はどうなの?

医師の勉強会は本当にさまざまなイベントがありますが、その中でも医師会が主催するイベントは代表的です。

医師会は各地域の医師会と連動しているため、最寄りの地域で開催されるイベントを見つけやすいメリットがあります。

また、会員になると医学図書館を利用でき、海外の図書館から複写を取り寄せることもできますよ。

医師会は利用次第では大きなメリットがありますが、入会金や年会費などコストがかかるのが悩みです。

TwitterやFacebookで探すのもオススメ

学会や勉強会などは、参加したいイベントを見つける必要があります。

医師会に入っておくとイベント情報を定期的にチェックできますが、こうした状況下でない場合は自主的に情報収集しなければなりませんね。

基本的にはWebで情報収集していくのがセオリー、さらにTwitterやFacebookで探していくのも便利ですよ。

勤務先によっては自然と学会や勉強会の情報が入ってくることもありますが、自分で参加したいイベントを探すのであればWebやソーシャルネットをフル活用してみてくださいね。

今どきの医師はどうやって勉強している?

現代はネット社会であることから、今どきの医師の勉強法は「Web経由」が主流です。

「勉強会を探す」や「医療雑誌を探す」といった勉強法の探し方はもちろん、医師が配信しているTwitterやブログで勉強している方もいますよ。

個人医師が配信している情報は、大手メディア等の情報に比べると「一人の医師の意見」を知るいい機会です。

1つの症例に対して他の医師の考察はいい参考になるため、ディスカッション系の勉強会のようなニュアンスで使えますよ。

勉強法を決めてWebで情報収集、気になる情報源はお気に入りへ登録!

職場の人間関係はさておき、医師はお互いにリスペクト精神がある職業だと個人的には思います。

勉強熱心な先生ほど知識が豊富であり、そんな医師が配信している情報を見ると「勉強会や学会よりも参考になる」と思うこともありますよ。

基本的にWeb経由で勉強するときは、自分にとって有益な情報源を探すことからスタートして、それをお気に入りへ追加するだけです。

個人医師のブログでもハイペースで情報更新している方もおられるので、勉強会や雑誌等を利用する場合と同じく「どれをチョイスするのか?」がポイントでしょう。

まとめ

医療の専門職は、薬剤師や看護師といったそれぞれの専門分野において、さまざまな勉強法があります。

その中でも、他職業に比べて医師は非常に勉強法が多いと思います。

たとえば、勉強会や学会だけに絞っても、年間で相当数のイベントが各地で開催されていますよね。

医師の多忙な生活の中で勉強していく際に「何を選んでどのように勉強していくのか?」を決めることが、医師の勉強でもっとも悩みとなる部分かもしれません。

自分にとって効率のいい勉強法を探すときにWebは便利ですし、個人医師のTwitterやブログを活用するのも短時間で勉強できるいい材料です。

継続的な勉強を実践するためにも、まずはどのような勉強法が自分に合っているのかを探すことからスタートしてみましょう。

このページを閉じる前に 登録しないと絶対に損するエージェント 2社へ登録を!!

どんなに忙しい医師のアナタも、この2社は登録必須です。
この2社だけでもかなりの情報量があり、優秀な担当探しが楽になるはずです。

転職に成功している医師のほとんどが登録!

転職希望医師の登録数No,1!!

エムスリーキャリア医師転職
エムスリーキャリア医師転職
  • list20万人以上が登録
  • list上場企業エムスリーが運営
  • list転職に成功した医師がよく使う
  • list首都圏に圧倒的な強さ
エムスリーキャリア医師転職 エムスリーキャリア医師転職

非公開求人・情報量で圧倒!!

メディウェル医師転職ドットコム
メディウェル医師転職ドットコム
  • list約4万件以上の求人案件数
  • list非公開プレミアム求人に注目
  • list上場企業のグループなので安心
  • list転職に成功した医師の口コミ◎
メディウェル医師転職ドットコム メディウェル医師転職ドットコム

最後まで読んでいただいた皆様へ。
転職の成功を願っております。皆さまに幸運がありますように。

エムスリーキャリア医師転職