医師は仕事内容(激務)+ドロドロ人間関係でストレス倍増…!?上司・看護師・患者と良好な人間関係を結ぶためのコミュニケーションポイント

医師の仕事に人間関係のストレスは尽きない・・・

医師の仕事はチームワークで成り立っているため、周囲の人間関係がドロドロだと仕事に支障が出てしまいますよね・・・。

人間関係は上司や看護師といった医療関係者だけではなく、患者さんとの人間関係も良好に築いていかなければなりません。

今回は、医師の人間関係を良好に結ぶためのポイントを紹介していくので、「日々の人間関係のストレスがツライ・・・」という方は参考にしてみてくださいね。

良好な人間関係を築くための5つのポイント

基本的に医師は社会的な立場が強いため、上下関係で圧力を感じるのは「院長」や「各科部長」など、上司にあたる人物との人間関係だと思います。

看護師や患者さんとの人間関係では、医師のほうが立場が強いことからも「相手のほうがストレスを感じているかも・・・?」は少なからず意識しておく必要があるでしょう。

これを意識しておくと「患者さんからのクレームが・・・」とか「看護師からパワハラと言われている・・・」といったトラブルは回避しやすくなります。

①相手をリスペクトする

いい人間関係を築くために相手をリスペクトするは欠かせません。

大抵、人間関係が悪化するのは相手を見下すなど、お互いのリスペクト精神が欠けていることが多いですよね。

相手をリスペクトするのは簡単なようで難しいですが、まずは「礼儀を重んじたコミュニケーション」からスタートしてみましょう。

②丁寧なコミュニケーションを心がける

コミュニケーションを丁寧にとっておけば、簡単に良好な人間関係を築けます。

「おはようございます」と挨拶されて「うなずきで返す」という経験のある方は、意外と多いのではないでしょうか。

相手のアクションに対して丁寧に対応すると、距離感を縮めやすいです。

また、これはチーム医療において必要なコミュニケーションスキルですが、お互いに丁寧さが欠けてしまって「仕事がしずらい」という状況になることは多いですよね。

③相手の話を聞く

コミュニケーションは言葉のキャッチボールといわれますが、本当にその通りです。

自分の意見を伝えたら、次は相手の話を聞く側に回らなければなりません。

とくに、患者さんと接するときはいつも以上に意識しておきたいところです。

④感情をコントロールする

人間関係が悪化するとストレスを感じてしまい、言葉や態度にイライラが出てしまいます。

その感情をコントロールすることも、医師の良好な人間関係を気付くためには必要です。

イラっとしたときは、その流れのままコミュニケーションを取るのではなく、一呼吸置くようにしましょう。

深呼吸して間を空けるようにすると、感情をコントロールしやすくなりますよ。

⑤相手に好かれるように努力する

医師は病気を治すために必要とされる絶対的な存在ですが、好かれるかどうかは別です。

特殊な職業なので周囲から媚びられることが多いですが、好かれていると勘違いしないように気をつけたいですね。

やはり、好かれる人は良好な人間関係を築くのがうまいからこそ好意を持たれるわけであり、医師としてストレスのない日々を送るためには好かれるように努力することも大切でしょう。

人って相手に好感を持たれるのは心地よいもので、そうした人物に対してはフレンドリーに接しやすくなりますよね?

簡単に相手から好かれる存在になりたいなら、相手のことを好きになるのが早いです。

相手によって人間関係の築き方が異なるのが難しい・・・

医師の人間関係は、相手によって接し方を工夫しなければならないこともあります。

「上司」・「看護師」・「患者」の3つのケースを見ていきましょう。

上司との人間関係

医師と上司の人間関係では、基本的に仕事でミスしないことがポイントです。

たとえば、長期休暇で別の医師に患者さんを任せることになったけれど、そのことを患者さんに伝えるのを忘れてしまい、患者さんから病院にクレームが入ったとします。

当然ながら、上司から患者さんへの対応について信頼を損ねていることを怒られますよね。

他職業も同様ですが、上司は責任のある立場であることからもミスを嫌います。

POINT!

医師と上司との関係において、ご機嫌とりをしなければならないかどうかは人による。科部長など役職を目指しているなら、上司から好感を持たれるように努力するほうがいい。しかし、マイペースにキャリアを重ねていくのであれば、仕事をきっちりこなしておけば問題ない。

看護師との人間関係

医師と看護師との人間関係では、看護師をリスペクトしながら丁寧にコミュニケーションを取っていくことがポイントです。

基本的に看護師は医師のサポート役であることからも、看護師のほうが医師との人間関係を築くのが難しいと感じるケースのほうが多いでしょう。

医師の立場では、仕事のミスを注意しただけでパワハラと受け止められるといった理不尽なケースもあり得ますが・・・。

看護師が働きやすい環境を作れるかどうかは医師の対応で決まるといっても過言ではないため、パワーバランスを考える必要があります。

POINT!

医師と看護師だけではなく、看護師同士の人間関係によって仕事に支障が出ることもある。看護師は看護部に属するため、看護部長といった看護部の上司が問題を解決するために努力する。しかし、チーム医療として医師と看護師は連携を取って仕事をしていく必要があるため、直属の上司ではないものの、医師として働きやすい環境作りを意識したコミュニケーションを取るのが理想的。

患者との人間関係

医師と患者さんとの人間関係は、丁寧に接することがポイントです。

これもさまざまなトラブルのケースがあるわけですが、基本的に「患者さんの目線で話ができているか?」は再確認しておきたいところですね。

医師からすると重要ではないことでも、病気を治療する患者さんにとっては些細な事でも不安に感じるケースがあるわけです。

実際のところ、医師自身が「患者さんとの人間関係がうまくいかない・・・」と悩むかどうかは、個々の性格によって大きな差があると思います。

しかし、患者さんからすると、医師は優しい人物であってほしいと願う人が多いことは間違いありません。

POINT!

医師の仕事は忙しいが、患者にとっては関係がない。病気を患っている人が医師に気配りするよりも、医師が患者に気配りするほうが簡単だろう。人間関係は人間性や性格の影響も大きいが、特殊な職業だからこそ患者に対する接し方を深く考える必要がある。

院内派閥・・・みんなどうしてる?

医師の人間関係は、何気に院内派閥がもっともストレスに感じる方も多いと思います。

病院の院内派閥はテレビドラマや映画でよくネタにされますが、実際に医師の職場では良くありますよね。

院内派閥の面倒なところは、医師だけではなく医療現場全体として派閥間の争いが起こるところです。

「まったく関係のない診療科まで陰口を叩かれる・・・」といった話を聞くこともありますし、職場によってはトラブル回避が不可能な状況もあります。

院内派閥は無関係な存在になることが難しい状況もあるため、「無難な派閥に属しておく」という選択がベターでしょう。

まとめ

今回は、医師のいい人間関係を築くためのポイントを紹介しましたが、周囲との人間関係を改善したい方は明日から実践してみてくださいね。

ドロドロした人間関係の医師生活を送ると、仕事だけでも大変なのに余分なストレスから体力的にも精神的にもツライ日々となります。

医師に関わらず、職場の人間関係はいいに越したことがなく、ちょっとした配慮をするだけでもあっさりと働きやすい環境を作れることがありますよ。

このページを閉じる前に 登録しないと絶対に損するエージェント 2社へ登録を!!

どんなに忙しい医師のアナタも、この2社は登録必須です。
この2社だけでもかなりの情報量があり、優秀な担当探しが楽になるはずです。

転職に成功している医師のほとんどが登録!

転職希望医師の登録数No,1!!

エムスリーキャリア医師転職
エムスリーキャリア医師転職
  • list20万人以上が登録
  • list上場企業エムスリーが運営
  • list転職に成功した医師がよく使う
  • list首都圏に圧倒的な強さ
エムスリーキャリア医師転職 エムスリーキャリア医師転職

非公開求人・情報量で圧倒!!

メディウェル医師転職ドットコム
メディウェル医師転職ドットコム
  • list約4万件以上の求人案件数
  • list非公開プレミアム求人に注目
  • list上場企業のグループなので安心
  • list転職に成功した医師の口コミ◎
メディウェル医師転職ドットコム メディウェル医師転職ドットコム

最後まで読んでいただいた皆様へ。
転職の成功を願っております。皆さまに幸運がありますように。

エムスリーキャリア医師転職